自由になりたくないかい?

株式投資を中心に自由気ままに書いていきます。

自由になりたくないかい? イメージ画像

更新情報

おはようございます西川きよしですkuwatoroです。日本株と米国株から配当金が着々と入金されてきている。8月分が全て入金されればまとめて報告しようと思う。さて、現地時間8月22日にアルトリアグループ[MO]が増配を発表した。次回の配当から1ドルあたり0.8ドルから0.84ドル

今回は前回の続きで米国ブログの私が特に参考にさせて頂いているものを紹介する。これまた内容がどれも素晴らしい。日本株ブログとの違いは全てではないと思うがポートフォリオを公開されているので銘柄選びの参考になるところである。(もちろん投資は自己責任で)すれではい

前回の記事で私がどのような投資ブログを参考にさせて頂いているか紹介すると言ったのでまとめようと思う。色々参考にさせて頂いているが今回は、日本株で私が特に参考にさせて頂いているものを書く。日本株ブログ(順不同)なちゅの市川綜合研究所奈良の田舎で株主優待生活犬

投資歴の長い人・始めたばかりの人様々な方々がいると思うが今回は、私の投資勉強法を簡単にだが紹介したいと思う。投資ブログを見る私が一番好きな勉強法がこれ。ネットの世界には恐ろしいことに資産額が世間離れした方々が数多く存在している。俗にいう億り人と呼ばれる億

本題に入る前に昨日の夜だがブログを設定していたら1時間ほどうまく接続が出来ない状態になってしまった。その時間に訪問しようとされた方にまずはお詫びを申し上げる。もう大丈夫だと思うので安心していただきたい。本題に入ろう。株主優待には様々な物が存在する。カタログ

いつもブログをご覧になっていただきありがとうございます。少しずつではあるがアクセス数が増えてきておりこちらのモチベーション維持に大変つながっている。さて、お気づきの方がいるか分からないが毎日ブログの配置などを変更している。具体的にはブログ村のバナーの位置

このところ日本株で騒がしい銘柄が存在する。それはユニゾHDだ。ユニゾHDはオフィスビル賃料が主力の不動産会社で最近ではビジネスホテルに注力している。そのユニゾHDに対して旅行会社大手のH.I.Sが一か月ほど前にTOBを仕掛けた。これは様々な所で取り上げられており知って

私は、配当金と株主優待が好きだ。日本株に投資するうえで株主優待の存在は軽視できないとこのブログで何度か述べてきている。しかし、ただ株主優待が欲しいがためだけに株を買うのは違うと思う。当たり前のことと思われるだろうが、しばしば本末転倒気味になってしまってい

これを書いているのは、15日の午後である。14日の夜にNY市場を確認すると500ドルほど下落していた。相変わらず不安定な相場が続くなと思いながら布団につく前にもう一度確認すると700ドルほど下落していた。そして朝起きると800ドルまで下落していた。今年の最大の下げだそう

私は投資を始めて10年も経っていない新米個人投資家である。しかし、長期投資をする上で大切なことを知っている。それはちょっとやそっとの含み損でうろたえないことだ。私も投資を始めたときそれも最初に株を買った時の興奮は今でも覚えている。最初のころは、買った銘柄が1

ブログを始めて10日ほど経過した。毎日見に来ていただいている方もいる様で驚きとともに感謝している。何度か始めようと思いながら結局何もしなかったり、アカウントを作るまでしながら記事を書かずじまいで止まったままなどの状態であった。今回再び重い腰を上げて始めるこ

前回、米国株に対する投資方針を優位性を紹介しながら書いていった。今回はその続きだが日本株同様ウィークポイントも述べていきたい。まず、米国株におけるウィークポイントは為替の問題だ。日本から投資している場合多くの証券会社では、円をドルに換えて行う。円高の時は

日本株に対する投資方針を書いたので米国株についても簡単にだが書いてみたいと思う。米国株に関しても基本は中長期のバイ&ホールドである。中長期のバイ&ホールドを行う上で大切なのが業績や株価が右肩上がりであるということである。それを体現しているのがこのチャートだ

日本時間8月9日、電子決済ネットワーク最大手のビザ[V]を購入した。金額として5万円ほどだ。今週一時171ドル台まで下がっていたのでそこで購入したかったのだが、思い切って今回購入に踏み切った。欲を言えば、もっと下がったところで購入したかったのだが、この銘柄は恐ろし
『[新規銘柄] 電子決済ネットワーク最大手ビザ[V]を購入!』の画像

私の保有銘柄であるフォーカスシステムズが8月9日に決算を発表した。以下は、株探ニュースの引用↓20年3月期第1四半期(4-6月)の経常利益(非連結)は前年同期比16.7%増の3.3億円に伸び、通期計画の14.2億円に対する進捗率は5年平均の8.3%を上回る23.7%に達した。 同時に、

昨日私が思う世界経済の懸念事項とそれにまつわる株価の不安要素を書かせて頂いた。しかし、NYは一時600ドル近く下げた後一気に買い戻され終わってみれば何事もなくマーケットは終了した。マーケットは売られすぎとばかりに押し目買いが入った形だろうか。日経平均も今日は微

このままの流れで米国株についても書こうかと思ったがここ最近日米の株価が不安定になってきたので今回は世界経済と株価ついて少し触れようと思う。現地時間の7月31日にFRBのパウエル議長が政策金利の利下げ行うと発表したが、市場はすでに織り込み積みとばかりに株価は下落

前回、前々回と日本株の悪いところばかりを書いてしまったので今回は日本株の優位性について書いていこうと思う。優位性は大きく2つあると考えている。日本株の優位性一つ目それは、米国株に比べて情報を得やすいということだ。日本に住んでいるのだから当然といえば当然のこ

前回、日本株に対する投資を書かせて頂いたのでもう少し書こうと思う。日本株は長期において保有するには信頼感がやや欠けると書いたが、そのもう一つの理由はこれだ。日経平均株価の推移 1980年~2017年 ✳世界経済のネタ帳よりどうだろうか。1989年の4000円近い状態から2

投信方針について簡単に書かせて頂いた訳だが、正直なところ日本株と米国株では少し話が変わってくる。基本はバイ&ホールドなのだが、日本株は長期で保有するには米国株に比べて信頼感にやや欠ける。その理由の一つは配当金の減配リスクだ。私が現在保有している銘柄に関し

↑このページのトップヘ