ホリエモンの動画に軽くハマっている。内容が刺激的なのもあるがトークの歯切れがいいので視聴者としても分かりやすいので心地が良い。

そんな堀江氏の動画だがこの間ある人物との対談を行った。「ぶっ壊す!」で何かと話題のN国の立花代表である。もしかしたらご覧になった方もいるかもしれない。これまでも同代表の政見放送を始め、いくつか動画を視聴したことはあったが長編動画を見るのはこれが初めてだ。

今回の動画見た感想だが立花代表の戦略家としての能力の高さを改めて知る羽目となった。政治思想や発言、行動などは置いといてとにかくやり方がうまいと思う。

効果的に炎上商法を織り交ぜており認知度拡大の仕方がうまい。炎上商法一辺倒ではなく定期的に動画を投稿しながら自分の考えや政策を公表するなどの地道な活動にも余念がない。


また、自他ともに認める色物であるのだが想像以上に理論武装をしているのでメディアが叩きに来ても的確に対応できるのと逆に相手を逆手に取って知名度アップにつなげているように思われる。
馬鹿な人間がかまってほしさや売名行為的に炎上商法を行っているのではなく急所の場面で注目を集める発言を行い炎上させてから対応しているわけだ。頭のいい人間があえてふざけているとでもいうのかな。

立花代表の恐ろしい所は長期的に物事を捉えている点にもある。これは本人が発言していることだがゆっくり民意を得ていくつもりらしい。急ぎすぎると潰されると判断してとのことだそうだ。

最近では子供たちが「ぶっ壊す!」とお決まりのポーズをしながら言っているそうだが、これは現在、高校生や中学生の世代が選挙権を得たときのことも考えているのだと思う。いわゆる無党派層と呼ばれている層を取り込むことができればかなりの得票数につなげる事にもなるからだ。

さらに無党派層というと今回の堀江氏の動画に出たことによって堀江ファンのこれまで政治に関心が無かった層などからもある程度支持を得ることができる。これがかなり大きいと思う。

炎上させつつ地道に伏線を張りながらなりふり構わず目標達成を果たそうとしている。
このやり方は、我々も応用することが十分可能で例えば、ブログ運営などにも応用することが可能である。しかし、私の場合は倫理観や道徳的観点からわざわざそこまでやろうとは思わないが。それでも参考になる部分はある。

最初に述べたように立花代表のやり方や発言などに賛同するわけではないがあくまで戦略家として考えたときにその恐ろしさや手腕の高さが良く分かると思う。

いかがだろうか。たまにはこういう見方もありかなと思い簡単に分析っぽく書かせていただいた。自分に活かせれるものや人物はどんどん活かしていけばいいと思う。


今日はここまで。




にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ 
面白い記事だと思った方はポチっとお願いします!


スポンサードリンク


はじめの一歩を踏みましょう!

SBI証券[旧イー・トレード証券]